1日1食実践から、第1回目の検診結果?

1日1食開始。実践から、第1回目の検診結果の報告します。

前回 HbA1c  9.3%

今回 HbA1c  7.8%

 

上記の様に大きく改善されているように見られます。

でも、実際は糖尿病での合併症リスク回避には、最低限7.0%以下は必要のようです。

 

気持ちの引き締めは、必要と改めて病院に行くたびに、考えてしまいます。

管理する事を、忘れずにです。

 

気の緩みや記憶の間違いを改めて感じています。合併症リスクがあれば、以下の症状が出てくる可能性に危険を感じてしまいました。

 

※参考までに。掲載。

 

合併症の具体的な症状


腎不全

糖尿病による腎不全で人工透析開始から、10年以内の生存率が大きく低下するそうです。(個人差があります)。


壊疽

壊疽による足の切断を余儀なる可能性あり。


網膜症

糖尿病網膜症は近年レーザー光凝固手術で光の有無程度はわかるようになりました。

が、それでも失明の可能性あり。


調べてみると、我が身に起こる可能性を、改めて怖くなりました。

 

今回の結果から、

 

目標。   体重     80.0kg以下 

      HbA1c    7.0%以下     にします。

 

長い期間で、諦めず達成していきます。

 

すぐには、結果も出ませんが、少しでも良い報告が、出来るように頑張ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です